防水スプレーはコレが最強!革靴も服も鞄もOKで超オールマイティ

連日、雨がつづくと靴や服やバッグが濡れて困ってしまいます。

濡れると染みになってしまうこともあり、なんとかならないものかと思っていたところ、強力な防水スプレーを発見しました。

レインコートはもちろん、革靴・スニーカー・パンプス・バッグ・衣服など、様々なものに使用でき、雨水だけでなくあらゆる汚れも防止する優れもの。

最強のオールマイティな防水スプレーをご紹介します。

おすすめ防水スプレー 何が最強なの?

今回、ご紹介する防水スプレーは、M.モゥブレィブランドの「プロテクターアルファ」です。

読売テレビ『情報ライブ ミヤネ屋』で紹介されていたことで知りました。

番組のスタジオで実演していた、水を弾く検証を見て「すごい!欲しい!」となりました。

M.モゥブレィブランドは、靴愛好家の方々から支持されているシューズケア製品のトップブランドです。

百貨店等で扱われているシューズケア用品の大概は、ここのブランドの物なのだとか。

前述しましたが雨水だけでなく、雪、ゴミ、ホコリ、油分、土汚れから靴を守ってくれます。

以下の動画で実験しているように、ソースといった付着したらいかにも染み込みそうな調味料さえも、弾いてしまうのがすごいです。

★90秒でわかる「プロテクターアルファ」

防水スプレー「プロテクターアルファー」の特徴

★靴などの皮革製品だけでなく、傘や布地にも使用可能でオールマイティー

水分・油分・汚れからシミを防ぐ、防水(はっ水)・防汚効果がある

★環境に優しいフッ素成分

★フッ素成分により通気性を保ち強力に撥水

★日本製

★乾くのが早い

プロテクターアルファーが使用できるもの・素材は?

スムースレザー(一般的な表革)、起毛皮革(スエード・ヌバック、ベロア等)、型押し革、メッシュ革、オーストリッチ、ペッカリー、合成皮革、布地、ナイロン、キャンバス・デニム・麻などの靴。
パンプス、ブーツ、バック、鞄、ジャケット、傘など

※ハイテク防水テックス素材にも使用可

防水スプレー「プロテクターアルファー」使い方

  1. 防水スプレーを3、4秒間、30cm離してスプレーする。
  2. 約30分間、定着させるために時間を置く。

おすすめ防水スプレー「プロテクターアルファ」口コミ

「プロテクターアルファ」は、他の防水スプレーに比べると臭いがあまりきつくないと思います。

とはいえ部屋の中でスプレーすると、独特の匂いが充満するので出来れば外でスプレーしたほうが良いでしょう。

そしてこの手のスプレーはノズル先が詰まって出にくくなりがちですが、この防水スプレーは詰まることなくしっかりとスプレーできるのが良いです。

他にも購入者の口コミをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

防水スプレー「プロテクターアルファ」
  • よく水をはじき、内部からの湿気を放出するので、梅雨時に非常に便利です。
  • 今まで使っていたのとは違い満足しています。色々なものにスプレーしたせいか、すぐ無くなってしまいました。
  • ゴルフシューズやレインウェアに使用しましたが、今までの防水スプレーより格段に性能が良いです。
  • バッグや靴などの革製品、布のコートにも使用しています。
  • 噴射口に液が溜まったことなく、この商品はきれいに噴射できました
  • 白い服の裾汚れ防止、靴やカバンの防水など幅広く使っています。
  • 一本だとすぐに無くなってしまう。
  • 定期的に使うことで、気に入った傘やレインコートを長く使えそうです。
  • 白スニーカーにスプレーすると色が染みたように見えましたが、すぐに揮発して色染みは残りませんでした
  • 玄関先で靴をスプレーして出かけると 汚れや水を防いでくれるので助かっています。
  • スプレーすると臭いがキツイので、必ず外で吹きかけています。
  • 吹き出し口が広いため、何度も吹きなおさずにすみます
  • 吹き出す量が多いため、喉や器官が弱い方はマスクをして使用することをお薦めします。
  • 水はじきが悪くなったゴアテックス素材のレインウェアや靴などに、この防水スプレーを使用しています。
  • 革の色が変わり焦ったものの次第に元通りに。浸透力が高いことが視覚的にわかりました。
  • 薄くスプレーされてしまったであろう箇所は水が染み色が変わってしまった。防水性を持たせないなら入念にスプレーしないと効果は下がる。

防水スプレーはコレが最強!革靴も服も鞄もOKで超オールマイティまとめ

口コミにもあるように、1本だとすぐになくなってしまう印象です。(調子にのっていろんな物にスプレーしてしまったからかもしれませんが)

そのためラージサイズを購入したほうがいいように思いました。

スプレーしたときに、あまり薄付きでも効果が最大限に発揮しないようなので、しっかりスプレーすることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする