口臭対策の歯磨きに!ピュオーラ泡で出てくるハミガキを使った感想

テレビ番組で「薬用ピュオーラ泡で出てくるハミガキ」という、泡で磨く歯磨きが発売すると知り、興味を持ちました。

「ピュオーラ泡で出てくるハミガキ」の泡が、口臭原因のひとつ「舌の菌」に密着して殺菌してくれるそうです。

番組で見るかぎりは舌の汚れも綺麗になり、口内がスッキリしてそうだったので、私もさっそく購入して試してみました。

使用した感想とレビューをお伝えします。

口臭対策の歯磨きに!ピュオーラ泡で出てくるハミガキの効果は?

「薬用ピュオーラ泡で出てくるハミガキ」は2018年4月7日発売のはずですが、なぜかAmazonで先行販売?していたので購入してみました。


量は190mlです。ボトルも小さいので「すぐ使い終わりそうだな…」と思ったのですが、約190回分なのだそうです。

朝と晩、1日に2回磨いたとしたら95日分ということですね。

コスパ面としては特別いいわけでもないですが、悪くもないかもしれません。

口臭対策になる?使ってみた感想

早速、食後にピュオーラ泡で出てくるハミガキを使ってみました。

ボトルのふた部分をプッシュして泡を出す…のかと思いきや、ボトル本体の中央部分を軽く押すことで泡が出てきます。

「ぐっ」と強く押すと泡が多く出すぎてしまうと思うので、あくまでも【軽く】押すのがポイントかなと思いました。

舌の上に乗せた泡の味は、いたって普通のミント味です。

スース―感はそんなにありません。辛くもありません。

個人差があるはずなので断定はできませんが、小学生中学年以上なら子供でも大丈夫かもしれません。

「舌の菌」に密着する!というだけあって、確かに舌の汚れは綺麗にとれました。

歯磨きの後で仕上げに舌ブラシを使ってみたのですが、舌ブラシには目立った汚れはつきませんでした。

これは「ピュオーラ泡で出てくるハミガキ」の効果なのでしょう。想像していたよりスッキリしました。

とはいえ、もしも舌の汚れ(舌苔)がひどい場合は、やはり仕上げに舌ブラシを使うのがいいと思います。

ピュオーラ泡で出てくるハミガキの口コミ

ネットにあがっていた使用者の口コミもご紹介しますので、参考にしてみてください。

舌の上に泡を乗せることに慣れないせいか四苦八苦している人もいるようですが、歯磨きの心地としては高評価のようです。

  • 舌の上に泡を入れる感覚が新鮮。
  • 洗口液よりも刺激は少ない。
  • 電動歯ブラシと相性がいい。
  • 舌の上に泡を乗せるのが意外と難しい。
  • すでに泡になっているので時短になる。
  • 歯磨き粉より微粒子な泡立ちで心地よい。
  • 低刺激で口の中が痛くない。
  • ノズルをどこまで口腔に近付ければ良いのか距離感が掴みづらい。
  • 歯磨き後にスッキリしたミントの清涼感が広がる。
  • つい多めに出してしまうので減りが早そう。
  • 歯垢がしっかり取れていると感じる
  • 口臭が抑えられる。

口臭対策の歯磨きに!ピュオーラ泡で出てくるハミガキの使い方

使い方は簡単。ただ舌の上に出してブラッシングするだけです。

慣れたらチューブ型の歯磨き粉を出すよりも、楽かもしれません。

薬用ピュオーラ泡で出てくるハミガキの使い方
1.鏡を見ながらボトル本体の中央を軽く押して、舌の上に乗せる。(適量の目安=500円玉大)

2.10秒程度クチュクチュさせて口の中全体にいきわたらせた後、歯ブラシでブラッシングする。

3.ブラッシング後に水で口をすすぐ。

使い方の詳細は、公式動画でわかりやすくガイドされています。

前述しましたが、ボトルのふた部分をプッシュするのではなく、ボトル本体の中央部分を軽く押すことで泡が出てきます。

最初はこれに「?」と不思議に思ったのですが、よくよく考えてみるとプッシュ式は勢いよく出すぎてしまう可能性がありますし危険ですよね。

口の中にプッシュするのは、やりにくいですし、ボトルの腹を押す方が動作としては楽なのだと思いました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[花王]薬用ピュオーラ 泡で出てくるハミガキ 190ml
価格:1350円(税込、送料別) (2018/4/4時点)

口臭対策の歯磨きに!ピュオーラ泡で出てくるハミガキを使った感想まとめ

「薬用ピュオーラ泡で出てくるハミガキ」に、研磨剤は不使用です。

そのため歯の着色が気になる人は、美白効果のある歯磨きのほうがいいかもしれません。

口臭が気になるという方、少しでも時短ハミガキをしたいという方は、「薬用ピュオーラ泡で出てくるハミガキ」は便利だと思います。

自分では気がつかない口臭で周りの人を不快にさせてしまう前に、エチケットとして口臭対策はしておきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする