マツコの知らない世界ワイン『神の雫』原作者が選ぶ日本ワイン7選

2018年6月12日の『マツコの知らない世界』は、人気コミック『神の雫』の原作者・亜樹直さんから、日本産の絶品ワインを紹介していただく内容でした。

亜樹直さんといえば、ドラマ化もされた『金田一少年の事件簿』『探偵学園Q』『サイコメトラーEIJI』などなど、多くの超人気コミックの原作者でもありますね。

亜樹直さんは姉と弟のふたりでユニットを組んで活動されているのですが、お二人とも大のワイン好き。

マツコさんもびっくり、ワインと共に暮らす生活を送っているようです。

そんな亜樹直さんが厳選した、世界に誇れる極上の日本ワインを7本をお伝えします。

マツコの知らない世界ワイン おすすめ日本ワイン7選!

今回、番組内で紹介されたワインはどれも日本産で、とても丁寧にこだわりをもって作られたワインです。

あまりワインに詳しくない筆者も、ついつい見入ってしまうほど興味深い内容でした。

マツコさんも絶賛の日本ワイン7本を、番組内のコメントともにお伝えしていきます。

マツコの知らない世界ワイン【1】
RACE WINE(山梨県)GRACE EXTRA BRUT2011(泡)

亜樹直さんが『日本一美味しいスパークリングワイン』と太鼓判を押していたのが、山梨県三澤農場で栽培されたシャルドネから生産された『GRACE EXTRA BRUT2011(泡)』です。

2016年に世界最大級のワインコンテスト「デキャンタ・ワールド・ワイン・アワード」で、アジア初の最高賞を獲得したのだそうです。あっぱれ!

お値段は1本7,000~8,000円。

シャンパンのようにきめ細やかな泡で飲みやすく、フルーティな味わいにマツコさんも「ガンガンいっちゃう」と飲み干していました。

本来ならワインと酵母を馴染ませるために機械で回すのですが、三澤農場では1本、1本を手で回して生産しているそうです。

マツコの知らない世界ワイン【2】
山崎ワイナリー(北海道)KERNER DRY2007

KERNER DRY2007は、KERNER(ケルナー)という柑橘類のようなフレッシュな香りの品種のブドウを使用し、北海道の大自然の中で作られた白ワインです。

亜樹直さんに『尾崎豊のI love you的な白ワイン』と紹介され、マツコさんは「どういうこと?」とハテナ顔に。

独特な表現にマツコさんは理解できなかったようですが(笑)世界で最も影響力があると言われているワインの評論家ロバート・パーカーが、日本最高得点をつけたワインだそうです。

お値段は1本2,916円とリーズナブルです。

マツコの知らない世界ワイン【3】
安心院葡萄酒工房(大分)安心院ワイン シャルドネリザーブ2016(白)

『春に日向ぼっこをしているようなワイン』と紹介されていた、安心院ワイン シャルドネリザーブ2016(白)。

ブドウの女王シャルドネを使用して作れられたワインです。

盆地で栽培されており寒暖差が激しいために美味しいブドウができやすいのだとか。

なめらかなワインで、マツコさんはバターやバニラのようだと感想を言っていました。お値段は1本3644円です。

マツコの知らない世界ワイン【4】
ドメーヌ ミエ・イケノ(山梨・八ヶ岳)ピノ・ノワール2009(赤)

亜樹直さんが『日本一エレガントな赤ワイン』と評価するピノ・ノワール2009は、山梨県の小淵沢町にある小さな農園で作られたワインです。

なんとブドウ作りから醸造まで、ほぼたった1人で作られているんだとか。

亜樹直さんの漫画にも登場し、出会ったとは衝撃だったそうです。1本3600円です。

マツコの知らない世界ワイン【5】
シャトー・メルシャン(山梨)マリコ・ヴィンヤードオムニス2012

2016年に開催された伊勢志摩サミットのコースのメインとして出されたワインで、各国の首脳陣から絶賛されたそうです。

香り立つワインでマツコさんも「素晴らしい」と感想を言っていました。

マツコさんが「カリフォルニアワインっぽい」と言ったら、亜樹直さんは「そこまで化粧っけがない」と答え、『化粧っけがない』という表現にマツコさんは大納得していました。

1本12,150円です。

マツコの知らない世界ワイン【6】
サントリー登美ノーブルドール1990

さらに伊勢志摩サミットで注目されたのが、山梨県甲斐市にある登美の丘ワイナリーで作られた貴腐ワイン、登美ノーブルドール1990です。

貴腐ワインとは貴腐菌が付着して糖分が濃縮されたブドウで作るワインです。私も貴腐ワインを飲んだことがありますが甘くてワインが苦手な人でも飲めそうだなと思いました。

マツコさんはまるでメープルシロップのようだと言っていました。ヴィンテージの貴腐ワインはそんなに甘いんですね。お値段は1本54,000円とお高いです。

マツコの知らない世界ワイン【7】
サドヤ(山梨県)シャトーブリヤン1962(赤)

『日本一長熟な赤ワイン』として紹介されていたのが、山梨県甲府市の老舗のワイナリー「サドヤ」が作ったシャトーブリヤン1962。

1長熟できるようワインを一升瓶で熟成させているのだそうです。マツコさんが『エロ爺のような香り』と評していましたが、かなり芳醇ということでしょうか。

しかし56年前のワインなのにフレッシュな感じもするそうです。1本54,000円!

おすすめのおつまみとして『リンツ エクセレンス99%カカオ』が紹介されていました。苦いチョコレートのはずなのに、シャトーブリヤン1962と一緒に食べると甘くなって美味しくなるそうで、マツコさんも感動していました。

マツコの知らない世界ワイン 二度と飲めない!?幻のワイン

番組の後半では、今回きりでもう二度と飲めないであろうという歴史的ワインも紹介されていました。

それが『アンリ・ジァイエ(フランス)クロ・パラントゥー1978(赤)』です。お値段が1本200万円!

このワインを作ったアンリ・ジァイエさんは、ブルゴーニュの神様と呼ばれ、2006年に亡くなって以来、彼が製造したワインは価格が高騰しているんだとか。

亜樹直さんもマツコさんも、飲む前の香りを嗅ぐ段階で「うおぉやばい!」と感嘆の声をあげていました。

飲んでみてさらに絶叫。マツコさんいわく「においから最後の余韻まで全く落ち度がない」と言っていました。

亜樹直さんはアンリのワインはみんなこんな感じ!とコメントしていたので、他の年代のワインも相当美味しいんでしょうね。

マツコの知らない世界ワイン『神の雫』原作者が選ぶ日本ワイン7選まとめ

最後に亜樹直さんもマツコさんも、日本のワインをもっと飲もう!と言っていました。

本来は生まれた土地の水がいちばん合うはずなのだと、マツコさんもいいことを言っていましたよ。

日本人は日本のものがいちばん口に合うと。言われてみればそうですよね。

これをきっかけに日本のワインを飲んでみるのは如何でしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする